建築家との家づくりとは?

事務所概要

建築家との家づくりの特徴は、大きく分けて次の三つがあります。


1-建築主の要望や生活にぴったりフィットした住まいの提案。
2-建築主の財産である家を守るための厳格な工事監理。
3-建築主の心に響く愛着の家づくり


人は十人十色と言います。建築主の家づくりに対するこだわりや要望も皆それぞれです。
また、建物が建つ敷地も一つとして同じものはありません。そんな様々な与条件を整理し、建築のプロとしての知識や経験を発揮し世界に一つのオーダーメードの家をご提案します。
想像もしなかったワクワクするような新たな提案をご期待下さい。


われわれ建築家は、建築主と直接「建築設計・監理の委託契約」を結びます。
建物の見積から工事状況の確認、完成まで一貫して建築主の立場で建物を見守ります。
工事店の選定、工事中の施行状況の監理、予算の管理、スケジュールの管理、役所や業者打合せ、場合によっては銀行との交渉や折衝、近隣トラブルの解決の手助け、そして、家が完成してからのメンテナンスの相談まで、「こだわりの家づくり」を全面的にバックアップいたします。


建てものは生きています。設計から、施工・工事監理の期間中、わたしたちは愛情を持って建物を育てていきます。そして建築主へとバトンタッチし引渡しとなります。
心に響く愛情たっぷりの家の誕生です。
お引き渡したあとも建築主さんが安心して生活ができるように、建物の成長を引き続き見守り続けます。


【設計事務所とハウスメーカー、工務店の違い】~それぞれの長所、短所および役割とは~


家づくりに重要なキーワード:「こだわり」、「資金(コスト)」、「時間(手間)」


  設計事務所 ハウスメーカー 工務店
依頼の方法 雑誌や知人の紹介等による場合が多い。また、最近ではインターネットによる場合もある。 展示場等の訪問による場合が多く、モデルハウスなどで実物を見ることができるので分かりやすい。
モデルハウス、CMなどに宣伝・広告料をかけているためその費用も工事費の中に含まれている。
知人の紹介やチラシなどによる場合が多く、地域の口コミによる所もある。
特に、モデルハウスなどを用意していない場合が多い。
設計監理料 工事監理費も含め工法、規模に応じて設計料を明確にし、工事会社とは別に、建築主と直接契約を結ぶ為、建築主の代理人としての責務を第一に考えて仕事を進めることができる。 工事費の中に含まれていることが多い。
仮に項目としてあがってきてもごくわずかの金額で、実際にはどれくらいかかっているのか分からない場合が多い。
工事費の中に含まれていることが多い。
仮に項目としてあがってきてもごくわずかの金額で、実際にはどれくらいかかっているのか分からない場合が多い。
設計者 必要な情報が入手できれば、人柄や相性、設計スタイルなどいろいろな面で検討し、自ら依頼したい設計者を選ぶことができる。 メーカー所属の建築士、または外注の設計事務所となる。ほとんどの場合、自ら依頼したい設計者を選ぶことができない。
営業担当、設計担当、工事担当と各役割が決められている。
工務店所属の建築士、または外注の設計事務所となる。
ほとんどの場合、自ら依頼したい設計者を選ぶことができない。
設計と工事監理が分業になっている場合があるので注意が必要。
設計内容 建築主の要求、敷地形状、環境、予算などを総合的に考慮し、こだわりの自由設計が可能。 メーカー規格の範囲内での設計が前提となり、自由度は低く、規格からはずれてしまうと工事費は高くなってしまう。 自社の得意な工法や作り易さに重きがおかれる場合が多く、工事途中の些細な変更などでも追加金額を請求される場合もある。
建物の
構造種別
建築主の希望、その他の条件を総合的に判断して最適な構造を選択し設計する。 メーカーが採用している構造が原則となり、自社の規格の構造を勧める場合が多い。 自社の得意な工法をすすめ、建築条件に最適な構造より自社の得意な構造を勧める場合もある。
工事費 建築主と細かな打合せを重ね作成した設計図書を基に、複数の施工業者で見積を行い、設計事務所が査定する。
一定の品質を確保し、各社の競争見積で工事費の低減を計り、適正な工事金額で工事契約を行うことができる。
メーカーの見積りに従う。
建築主が数社に自ら見積を依頼することも可能だが、メーカー仕様となるため正確な見積が出しづらい。
大量生産によるコストダウンの効果もあるが宣伝広告費も建築費には含まれるため、十分な比較検討が必要。
工務店の見積もりに従う。
建築主が自ら数社に見積を依頼することも可能だが、細かい仕様が決定していない状態では、判断が難しい。
設計料や宣伝・広告費も工事費の中に含まれるので注意が必要。
施工業者 建築主が設計事務所と相談し決定する。
施工技術があり、良心的な施工業者を選択することが可能。工事契約は施行業者と建築主が直接行う。
各メーカーの下請け業者になる。建築主には事前に知らされず、実際には地元の下請け工務店の場合もある。 依頼した工務店での施工が原則。
工事監理 設計事務所が建築主の立場で設計監理を行う。設計図書に決められている施工品質と精度を確保できる。 工務店側が工事管理と設計監理を同時に行う場合が多く、メーカーの設計責任の所在が不明な場合がある。 工務店側が工事管理と設計監理を同時に行うため、工事内容の可否がわかりにくい場合がある。
メンテナンス・
施工トラブル
メンテナンスやトラブルが起きた場合は、設計事務所が建築主の立場で専門的に判断する。また、適切な処置、指示も工務店との間に立って行う。 建築主とメーカーが直接話し合って行う。メーカーの補償、メンテナンス基準が厳密に決められている場合が多い。 建築主と工務店が直接話し合って行う。
長所 ・建物に対して、制約を受けないため、建築主自身のこだわりを追及できる。
・敷地の特徴を生かした、個性的な設計が可能。
・設計だけでなく、建築主の立場で見積のチェック、予算の管理、スケジュールの管理、そして施行の監理も行う。
・建築主の代理人として施行業者との間に立ち、折衝やトラブル処理の手助けなども行うため、建築主の負担が軽減される。
・細かい詳細図面完了後、最終見積を行うので請負契約後の金額の増減が明確である。
・施行図面もしっかり管理するため、増改築などを行う工事が便利。
・複数の施工業者で入札を行うため、適正な工事金額で工事契約を行うことができる。
・会社組織の規模が大きく、社会的な信用がありブランド力がある。
・カタログなどが豊富でイメージがつかみやすい。
・住宅展示場などで実体験ができる。
・使用する材料が予め決められているので品質が安定している。
・パッケージ製品の大量入荷による価格の恩恵を受ける場合がある。
・住宅を商品化しているため他の2者に比べ手間・時間がかからない。
口コミでの紹介や地元営業で生き残りを賭けており、評判が命となるため引渡し後もメンテナンスを大事にする。
・最初の窓口から完成引渡し、メンテナンスに至るまで担当者が一緒でコミュニケーションが取りやすい。
・基本的に標準仕様などが無いためオプションという観念が無い。
・ハウスメーカーと違い仕事の分担を減らし人件費を抑えることが可能で、広告費を抑えている場合が多く一般的に価格が安い。ただし、見積もりに何が含まれているかは確認する必要がある。
・契約時の見積がほぼ最終価格となる。
短所 敷居が高そうで相談しにくいイメージがある。
・パッケージ商品や規格品が無いため、実体験がしづらく、一つ一つ確認しながら決定していくので、手間が必要となる。
・自社で施行しないため、第三者が問題なく工事ができる図面を揃える為の時間がかかる。
自社商品しか売ることができない。
・プラン、仕様などが思ったほど自由でない。
・広告宣伝費用、人件費にコストが掛かるため一般的に価格が高い。
・見積書に一式という内容が多く、詳細内訳書がない場合が多い。
・契約までは標準仕様だが、契約してからの変更はオプション要素が多く、追加金額が出易い。
・担当(営業、設計、施工)がそれぞれ分担制でコミュニケーションが取りづらい場合がある。
・既製品とはいえども、工務店の技術差が出る場合がある。
・完成後のメンテナンスは、事務的な管理になり、付き合いが薄くなる傾向にある。
展示場やショウルームが無いため、具体的なイメージがつかみにくい。
・営業は社長の人柄に頼るところが大きい。